日本に生まれている人なら「わさび」はとても身近な物で
当たり前に接してきている食材・薬味ですよね。

10年前、20年前の「わさび」の価値というのは
お寿司との相性が良いというような、その「ツーン」とした辛さと刺激で
それ以外の意味というのはあまり知られていませんでした。

しかし、現在においての「わさびの価値」は違います。
辛いものが苦手、わさびが苦手という人であったとしても
わさびを積極的に食べている人が増えているのです。

その理由は「スルフィニル」という成分を知っているからです。

わさびスルフィニル

わさびには、スルフィニルという成分が含まれていますが
このスルフィニルはどのような効果があるのでしょうか?

それはアンチエイジング効果です。

人間は酸化することで年老いて行くことがわかっており
それは活性酸素が影響していくことを耳にしたことはありませんか?

その活性酸素の発生を防ぐ効果がわさび&スルフィニルにはあると言われています。

活性酸素は喫煙やストレスなどでも発生することになりますし
人が生きていれば出てくるものですから、避けることはできません。
しかし、避けることはできなくても対策することはできます。
それがわさびの効果です。

また、食材の中でもずば抜けた解毒効果があることや
血流を良くするという効果もあることからダイエット効果も見込めます。

体が酸化することを防ぎながら、ダイエットをしていくという形は
美と健康にベストな組み合わせであることは言うまでもありません。

わさび ダイエット効果

そして、それをお手軽に実現できるのがわさびという日本が誇れる食材なのです。

わさびダイエットの方法

効果を実感するには1日5g程度と言われていますが
無理なく食事とともに摂取していくことが大切だと思いますし
辛いものが苦手でも、良いわさびというのは実は辛さは控え目ですので
ぜひ日本で作れている本物のわさびを食べていただきたいです。

食卓に出ることが多いチューブわさびでも本わさび使用と書いてあるなら
可と言ったところですが、多くの場合は西洋わさびが多く入っていますので
注意をしていただきたいと思います。

今や、わさびは食卓の名脇役から美容と健康の主役になりつつあります。

ぜひ、あなたも「わさびじん」を目指してくださいね。

おすすめの記事